So-net無料ブログ作成
検索選択

【447】組織調教師の資格試験対策マニュアル [ビジネス]

 英国はEU離脱の結論に後悔…という情報が目に付くが、英社会の組織自我に失礼な。
 『自分は残留を望んでいて、そうなると思っていたので、天邪鬼根性で離脱に投票してしまった』なんていう呆れた事例はゼロではないにしても、この全体規模でこの差なら結論は変わらない。残留の結論だったなら、それはそれで『硬直状態の打破に失敗』と失望ムードが漂っていたことだろう。
 そもそも再投票して残留が勝ってしまったら、英国組織の自我が空中分解してしまう。EUが離脱を加速させる動きになっているのは正しい処置だ。
 だが高齢者層主体の離脱派が間に合わず弱り始め、いっぽう若いが故に勇み足になりがちな残留派が『一旦は国家の意思決定を成立させる』という組織維持の儀式の必要性を理解せずに良からぬ気を起こしたら、その時は非常に厄介なことになる。

 離脱には最短でも2年、もしかすると4年かかるかも知れないという。
 え、縁起でもないこと言わないでくれ。私はステロイド離脱で3年7ヵ月経過の身だ。
 もう顔も動作も、誰も病人とは見てくれまい。早く真白なワイシャツにネクタイ締めて存分に動き回れるようになりたいもんだが、明日いや今日中にもそこまで行けそうなのに、最後の一歩だけは何がなんでも行かせてなるものかと言わんばかりの抵抗が続いている。
 これはめでたく離脱完了したら、どっかから恨みでも買うのかねえ。

 『欧州が揉め事を抱え、内部損失に力を喰われるぶんパワーダウンする』という傾向は確定的だから、日本国は従来の欧州事情を前提に組んでいた生活を変えねばならない。端的に相手が弱ったぶん、こっちが埋め合わせなければならない。
 その日本国に、そもそも他人んちを心配する余裕があるかどうかは言うまでもあるまい。
 そうそう大変なんだよなと溜息つく前に、ちょっと考えてみていただきたいのだ。私の予想していた通りのEU残留だったなら、先にこっちの話をするつもりだった。

 どこまで本気で景気が好転すると信じていたかはともかく、現実はデフレ停滞がべったり続いて手詰まりの状態である。つまりダメノミクスがちょっと前に吹聴した経済状態の真逆だ。
 だが『震災が起こらない限り』と条件をつけたら九州や北海道で震災が発生して生産力が大打撃、『リーマンショック級の事態がない限り』と条件を付けたら今度はEUショックで、円が慢性的な上昇気流帯に封じ込められた。

 『不可抗力の突発要因が続いたのでタンマ!いったん御破算にして政策の再検討をします』
と宣言して、今なら誰一人おかしいとは思わない。政敵を貶めたいだけの動機で、しつこくこれを言わせて失敗だと指差したがる民主党崩れのゴミ屑が目障りなだけだ。
 他のどんな時に無理でも、今ならすぐ路線変更できるのにやらない理由は何だろうか。

 実は、軽減税率の準備期間を前倒し方向に延長して、消費税率10%引上げを先延ばしにする一方それを待たずに、『軽減税率だけ手を付けにかかる』計画が進行中なのを御存知だろうか。いよいよ待ち切れなくなってきたと見える【349】

 選挙も近いのでどこの政治勢力の仕業かは書かないが、きちんと知り置くべきだろう。悪い大人は果てしなく、救いようがなく底抜けにずるい。この選挙はもちろんのこと、その後も継続してこのしぶとさいやらしさには目を光らせ、手を緩めず叩き続ける必要がある。
 『まさか、いい大人なら馬鹿馬鹿しくていちいち取り合えないだろう』というところを、実に小まめに何度でも攻めて来るのが大人である。それが生存競争を生き抜く戦術になってしまっているから手強い。
 それを精神的負担にして屈したり諦めたりせず是正処置の手を打ち続ける精神力、これは組織風土の整備員に欠かせない能力要件のひとつだ。よく言う『実社会の厳しさ』というやつの一面であり、この便所掃除を自然な流れで捌けるようになったら、なかなかの一人前と言える。

 いよいよ18歳選挙権の幕開けが近づいてきた訳だが、例えば期末試験までは学校の勉強に全力を注ぐにしても、試験が終わったその日から残り数日、ここの文章を何回ぶん書き写せるか挑戦するくらいの勢いで投票に備えていただきたい。やればやっただけ実力と自信がつく。きっと『やって良かった』と思えるはずだ。
 今日だって、たった一回ここを覗いたその数分が、日本社会の邪心のありかを知り得る収穫をもたらしたことに気付こう。やるべきことのその瞬間まで真面目に手を尽くす習慣は必ず実を結び、いずれ時間遅れの幸運を積み重ね始める。

 高校生のアナタは、これを読み切ったら期末試験の準備に戻ろう。よし、休憩終わりっ!!

【446】執着心発破掛けの明暗 [ビジネス]

 英国がEU離脱。残留を予想していた事を白状する。
 このところ老舗の製造業にいろいろあったが、先にやっといて良かったなー。

 結果は御存知の通り、EU離脱派が残留派を上回った。開票中から円相場が跳ね上がる。
 消去法の選択にしても、寄せられるに相応しい信用が実在するのだろうか。恐ろしく手ごわい円高要因が居座ったのは間違いない。

 ひとつ確実なのは、絶対にすんなり行かないということである。
 投票数としては明確な差だったとはいえ、英国民のざっくり半数は残留を望んでいた人々なのである。おまけに勝ち越したEU離脱派=現状離脱派が、実は高齢者側の社会層だという。
 離脱の動機は複数あるが、EU政策の分担として受け入れた移民の途中介入により、高い税金を払い手塩にかけて完成度を上げてきた高度な社会保障は辻褄が合わなくなり、高齢者層を中心に不安と不満が拡がっていたことが挙げられる。
 そこは理解できるものの、重量級の難課題と長期戦を交えるだけの精神力と体力が維持できるか、いや寿命が足りるのかまで立ち戻って現実問題とせねばなるまい。いま優勢のEU離脱勢力は、時間が経つほど数も力も弱っていく宿命にある。
 EU離脱派の高齢者はこの理屈を押して、長期戦に立ち向かうチャレンジを決心した格好になる。ある意味、自分より未来に拡がる社会の健全化を最優先した選択であり、さすが英国紳士の面目躍如といったところか。
 いや、それだけ切羽詰まっていたのも事実だ。そんなカッコいいもんじゃ絶対にないな。

 ともあれ今がダメなら、違う思考と違う行動を現実に起こさないとダメが定着し蓄積する。明るい未来という正解の姿が見えなくても、まず行き詰まった今を撫でまわす安穏な自分を断ち切らねばならない。
 今回この規模でぶち上げられた現状打破ジャッジの実例は、あちこちで踏ん切り決心の外的要因となり連鎖反応を呼ぶだろう。
 こんな時、泰然として真ん中に据えるべき意志と、事態を感知して迅速に臨機応変させるべき意志をきっちり線引きして、おのれの精神状態を安定させられるかどうか。これがポイントとなる。
 安心感のあるタイプというのは、目的意識の芯が上段にどっしり決まっていて、そのぶん実際の思考と行動の柔軟性には度外れた振幅を持っているものである。

 英国は『正常な社会システムの作動による国民の幸福』を目指す意志を固めた。
 そのために『EU分担枠という外乱と決別する』というハイリスクの現実解を選んだ。
 いかにリスクが高かろうが、厳しい苦難に晒されようが、今がダメなら行くべき先を確かめながら変革に腹を括るしかない。腹を括ったら諦めず、あの手この手で乗り切るしかない。そうやってダメな現状を抜け出すのである。
 もちろん志半ばで力尽きたら討ち死に、その覚悟は決めたということだ。

 放たれた欧州発の衝撃波は、程なく国際社会の自我、日本社会の自我を深く強く揺さぶる。
 変わること変えることの精神的ハードルが下がり、良くも悪くも躊躇が無くなる傾向となろう。
 当初は日本社会にとって硬直を解く助けとして働くだろうが、これが見境のない規律破壊の悦楽感に及び始めると危険だ。最近、法律やルールといったものを悪用する事件が続いたが、ここで手を抜くことなく最後の最後まで追及して、処罰と弁償が完遂される事実で締めておく必要があると思う。
 法律とは『個々の衝突を交通整理し納得して折れ合うためのルール』であり、『皆の総意をでっち上げて邪心を問わず悪事を押し通すための印籠』にしてはならないのだ。

 せっかくの日本国で思い切り幸福な時間を過ごさねば、もったいないではないですか。

【445】平和ボンビー全国大会要綱 [ビジネス]

 いっけねー!週末せっかく目的地まで行っといて、肝心の現地記録つける作業を忘れた。
 日記をつけるほど規則正しい自己管理はできないが、家計簿その他、必要都度の実績記録には抜け目ないクチだったのに。やれやれ。

 まあ騒いでも始まらないしまた行き直すとして、こんなことになった原因はよく判っている。いま私には、ついつい早め浅めにコトを切り上げて次に移るクセがついているからだ。
 ステロイド離脱開始後3年7ヵ月を経て、またしてものようやくで稼働力が回復しつつあるが、何しろこれまで幾度となく『その先』を上乗せされGO判断をへし折られ続けてきた。ほんの何気ない動作にも反射的に自己抑制機能が働く自覚がある。間違ってはいないのだけれど。
 これも離脱完了前の1ステップとして起こった事故なのだろう。いやはや久し振りに首をくくりたくなりました【77】

 ところで都心の中国人観光客が大幅に減った。というか以前にだいぶ戻ったんだよな。
 いつも世話になっている宿は、バスユニットや照明システムを総交換、内装も新調してなかなか快適になっている。
 中国経済の不安定さや実体のあやふやさなんか誰もが知るところだから、慌てて増設・増築に走ったりせず、臨時の人員調達や設備稼働のやりくりで『爆買い瞬間値の超・高負荷稼動』を乗り切って儲けを出し、ピークが過ぎ去ったのち疲弊した設備に補修と改善を施して2020年に備える。いっぽう従業員の本格的な賃上げには、2020年の業績を確認してからでないと踏み切れないと見た。
 けっこう長くやっているビジネスホテルと見受け、シンプルなサービスを小奇麗にこなす心得が好きでよくお世話になるのだが、一過性の好況に惑わされて浮足立つこともなく堅実な経営に徹するなら、上述の順番になるはずだ。
 爆買い襲来の大波が駆け抜けた宿泊業界ですら、そのトリクルダウンがあったとして、早くて4年以上先になるということか。果実どころかまだ絵に描いた餅じゃないの。

 州政府から経済非常事態宣言が発せられた2016リオ五輪は、もう物理的に完全に破綻しているとしか見えない。期日までに使用可能な競技場と、収益性の成立する観客席を仕立てるのは不可能だろう。その日の現実がどんなことになるかは、もう憶測するより待った方が早い。いよいよ『シリー・キュリー』が悪いモノを見覚える時が来た【314】【438】
 そして2020東京五輪が希望に溢れた平和の祭典として、この2016年の出来事を挽回することもまた、今のままでは不可能である。日本社会の自我は東京五輪のメリットを認めていないため、五輪不祥事の炎上祭りに拍車がかかることはあっても、国家一丸で突貫準備に精出すことは到底あり得ない。

 まず各種競技の国際規格に適合しそうな競技場が日本中のどこにいくつあるのか列挙し、工数およびコストが最小限の部分改修工事で対応できる解を選ぶ。新競技場なんか忘れろ。
 もうタイトルこそ『2020東京五輪』だが実質は東京に拘らず、競技場と観客席が別々という形態までアリとして、交通と通信のインフラ整備で成立させる斬新な手を考える以外に道は無いと思う。いま国立競技場が残っていたら、まだ『東京五輪』の体裁を整えるのに役立ったんだろうが、過ぎた事を蒸し返す時間の無駄はよしておく。破綻が嫌なら、現状起点に本気で何とかするしかないのだ。

 その代わりであるが、日本各地で五輪を受けとめることになり、めいめいで低コストの独創的な『お・も・て・な・し』に知恵を絞る楽しみが出てくる。滝クリ嬢の成果を無駄にせず、みんなで日本全国の活性化につなげる可能性を探れるではないか。

 本案にしても、『リオの惨状を目の当たりにして、しぶしぶ方針転換した』という流れでは機能しない。今やリオの視察など不要、既存設備流用とインフラ強化の最適解をはじき出し、日本社会の自我に対して2020東京五輪のメリットを誠実に解説する作業が急務なのだ。

 改心して真面目にやれば、不可能を可能に変えられる余地は残っていると思う。
 最近見ねえが、無能ポンコツ五輪チームは何をしている!? 役立たずじゃ済んでねえぞ!!

【444】下界と星空の最新型ルンバ基本構想書 [ビジネス]

 昔の教材ネタは乱発せず大事にとっておきたいのだが、航空宇宙工学の本がなかなか面白いので、やっぱりもうひとつ。

 X線天文衛星『ひとみ』が大破して、惜しくも運用断念の結末となったのは御存知の通り。
 原因不明の姿勢急変や異常回転によりバラバラになって飛散したとのことだが、最終的には人為的な操作ミスが原因と結論付けられている。複雑なのでいま詳細には触れないが、これ程の宇宙開発事業にしては少々納得しがたい『組織の欠陥』を指摘する内容の調査結果が公表されている。
 個人的には、いっそスペースデブリの衝突事故ぐらいであって欲しかった。

 さんざん地球上を汚し荒らしている人類だが、既に宇宙空間も大概のことになっている。
 宇宙空間に浮遊しているということは、地球の周囲を廻る円もしくは楕円軌道を描いているということだ。大気圏外だから空気抵抗による周回速度の低下もなく、その遠心力が地球に落下して行こうとする重力と拮抗しているため、延々と浮遊を続けている。

 仮にこの地表面から空気を取り去って、剛速球を投げたとしよう。重力に引かれて弾道がおじぎするが、おじぎの下向き曲線が地球の丸みに一致するほどの剛速球だ。地面に落ちずに地球を一周し、同じ高さのまま背後から帰って来る。
 これが高度ゼロの周回軌道である。実は野球のボールであろうが、人工衛星であろうが、宇宙ステーションであろうが、強く落ちようとする重いモノは遠心力も相応に大きいという理屈で、質量の大小に関係なくこの時の周回速度は一義的に決まる。
 重力加速度9.8m毎秒毎秒×地球半径6400kmの二乗根として算出されるもので、その値は毎秒7.9kmちょっと。これを『第一宇宙速度』と呼び、約84分で地球を一周する。

 国際宇宙ステーションなんかは高度300km~400km中盤あたりにおり、これが地球の半径の数%に過ぎないことを考えると『だいたい1時間半で地球を一周する』と言われる理由がわかるだろう。本当いうと、高度数百kmだとほんの僅かながら空気抵抗があり、放っておくと宇宙ステーションは減速して地球に向かって落ちてくる。まあ大半は地表面に到達する前に空気との摩擦で燃え尽きてしまうだろうが、とにかくそんなことにならないよう、たまに『ブースト』と呼ばれる噴射をかけ増速して高度を保っているのだ。
 一方、気象衛星『ひまわり』のように、いつも日本の上空にいてくれないと困るヤツについては、一気に高度3万6千kmぐらいの大周りにして、回転周期を24時間に合わせてやる。これで軌道上の周回速度は毎秒3km強、東京~大阪間を僅か3分で駆け抜ける速さだ。
 新幹線『のぞみ』だと2時間半ちょっとだから150分として、静止衛星はこの50倍のスピードだと思って車窓を眺めるがよろしい。

 スペースデブリは、こんな桁の勢いでかっ飛んでくるのである。ゴマ粒以下の微小塗膜片が、スペースシャトルの窓を小さいながらも深くえぐった写真を見たことがあるが、なるほど確かにそのくらいの破壊力はあるだろう。見つけるのも避けるのも不可能だ。
 現代の宇宙空間は、無数の弾丸が飛び交う壮絶な危険地帯になってしまっているのだ。既にあれこれと回収作業の構想も練られているようだが、衝突・飛散を避けてソフトに捕まえるには、まず追いかけて相対速度を落とさねばならない。
 もうこの瞬間、思考力がくじけてしまいそうになるが、そこを諦めずに何か現実解を探さないと、いずれ人類は夥しいおのれの不始末の残骸に撃ち落されるばかりで、宇宙開発の道を自ら閉ざしてしまうことになる。
 何かいい方法は無いものだろうか?諦めずに頑張ってみようか。

 ところで『第一宇宙速度』というからには、もちろん『第二宇宙速度』も存在する。
 こちらは地球の重力圏を振り切るために必要な速度のことであり、第一宇宙速度のルート2=1.41倍=毎秒11.2kmほどになる。
 かつての惑星探査機ボイジャーを始め、要は地球圏外のどこか遠いところへ向けてバイバイ放出する宇宙船の場合はこちらである。

 ここまで書いて思い出してきたが、実際このあたりを計算問題として解いていたのは高校の物理Ⅱだったんじゃないかなあ。
 あと光の圧力の計算なんかもやったものだ。極めて微弱だが、例えば日光浴をすると、実は太陽光からの光子の圧力を全身で受けているのだ。微弱とはいえ真空の宇宙空間なら、受光面に押されて加速され続け、果てしなく光速に迫れるはず…というのがSFに出てくる『宇宙帆船』の原理である。

 勉強は、理解がついていく限り高度になればなるほど面白い。自分に用意され自分が通り抜けてきた教育課程がどうだったかは今さら文句言ってもしょうがないし置いとくとして、とにかく自分からいろいろ試して、学べるものから多くを学んでおくのが大事だと思う。
 何度も繰り返すが、たいした道具も要らないしカネなんかかからない。

 若い読者さんのどなたかには、いつかAI自律制御のデブリ回収船でも組んで、送信されてくる青い地球の映像でも眺めて楽しんでいただきたいものである。
 後始末を人まかせにしてやり散らかすのがラクでトクで、そのとばっちりを喰らって難課題だけ積まれるのは苦痛でソンなのだろうか?
 このスケールまで拡張したアタマなら、だらしない大人社会が積み上げた狼藉の山ぐらいどうにかなりそうかね?

【443】算術式マルチロール作戦発令!! [ビジネス]

 ポケコンまで行かずとも、普通の電卓、いやもっと簡単な筆算でも思考は拡がる。
 『消費税率8%据え置きによる税収不足をどう補うか、増えるはずだったぶんの欠損補填が問題だ』みたいな話がまことしやかに流されており、その額は1兆半ば~2兆強のようだが、軽く計算してみよう。

 ちょいと多めの2兆4千億とすると、総人口1億2千万で割って2万円/人。これが消費税率の増分2%にあたる訳だから、一人あたりの年間消費額は100万円で計算したことになる。
 つまり負担を承知で、消費税がいくらになろうと生活上どうしても負かりならん費目の消費額が一人あたり年間100万円あると。
 もう少し現実的に考えると、この必須消費額はもっと多くて、その代わり『我慢できる消費』を廃止するという足し引きの結果となるはずだが、これは日本社会の平均値として妥当な見積だろうか?
 家計簿って実はかなり社会情勢を反映した日記としての機能を持っており、大変面白い。自分ちを調べられる人は、調べてみると良い。
 今からでもつけておくと、いずれ実生活・娯楽の両面で大いに役立つこと請け合いである。

 もう招致の経緯からケチがついてしまい、関係者一同がすっかり引き籠ってしまった2020東京五輪だが、いっときは『総経費2兆円超』などと言っていた。
 消費税の欠損額、五輪やめりゃ埋まるじゃん。逆に五輪やって嬉しい理由をいい加減ちゃんと説明しないと、また次のスキャンダル放火で炎上するばかりだぞ。
 集団の輪を優先し、各自の立場から最大限の良心を供出して『組織のカタチを保つこと』に満足できる日本人だから、どうにか腹が収まっている限りは平穏社会のでっち上げが成立する。だが去年あたりから完全に潮目が変わったと思う。あと4年かよ。

 さてもいっちょ、軽減税率について計算しておこうか。
 今年度予算10.9億÷132人=約826万円/人だから【434】、今年度は役所内のどこかに部署ひとつ置いて、人件費だけ計上した感じだ。

 では問題。
  今ようやく一部の政党が公約に掲げた段階の軽減税率『案』だが、まさに今この瞬間、
  既に132人もの公務員が税金で高額の給料を受取りながら仕事をしているのは何故か。

 選挙が近いし街頭で軽減税率組を見かけたら、ちょうどマイクもあるし、公開問答で回答させてみてはいかがだろうか。若いんだから知らないことがあっても恥ずかしくない。何度でも訊き直して、軽減税率の導入メリットの基礎から丁寧に徹底解説してもらうとかね。
 録画や司会など役割分担して、ロケ隊でも組んでみては?

 刈り取った回答は迅速にネットで共有し、全国で比較照合してみると良いだろう。できれば役所にも質問して、この比較に加えてみる。
 役所は各地でちぐはぐな回答が出ないよう全国一律として対応マニュアルを整えるはずだが、ここで役所からの回答と、どこかの政党からの回答までもが共通する内容だったとすると、『特定の政治勢力と役所が癒着している可能性』を疑わねばならない。お解りかな?
 この一連の検証作業には、18歳以上のみを限定とする理由など無いから、高1・高2もしくは中学生でも参加できる。自信を育んでの積極的な投票参加への入口としては、お手頃じゃないか?

 ただ万一どんなに腹が立つような事態になっても、礼儀を守って筋を通すこと。どこの誰が、どれだけその感情に共鳴できたとしても、『コトを荒らした』という事実の失点は釣り合わない時間と労力の無駄を呼ぶ。罠にかからないように。
 あと当然だが『誰それさんを応援しよう、投票しよう』などの発言は御法度である。他人の意思決定にはビタ一文、踏み込んではならない。

 いつも私はここで、合理性と効率を目指す単独中立的スタンスの立場から、自分が展開する思考の質を保証しながら発信しているつもりだ。だからこそ、ここを見つけた若い人たちが信用してくれて、ちょこちょこ覗きにも来てくださるのだと思っている。
 まあそもそも誰か他人の意図に引きずられながら、瞬間思考の一発作文なんかできっこないってのもあるけど。

 取り急ぎ、【440】プロトタイプだったコワい話を焼き直してみました。
 もちろん諸々、やってみたまえ!!
メッセージを送る