So-net無料ブログ作成
検索選択

【542】6年目の平気 [ビジネス]

 ちょっと前に騒いだばかりの自宅デスクトップ機を模様替えすることにした。
 模様替えといっても余っていたハードディスクをもう一台ぶら下げるだけで、まかり間違うと本気で困るデータのバックアップ書庫とするためだ。
 ちょびっと消費電力が増すが、生活の危機管理体制強化の経費ってとこか。良かろう。

 やはりというか度々不気味に350GBを超えてくるCドライブだが、よりにもよって久し振りに新たなソフトをインストールしてみようと決心したのである。一応は簡単だという話だし、どうせ私のことだから何とかするんだろうよ。
 いっそ1台新しいPCを組んでしまいたいところだが、その時間も無ければ置き場所もこれからとなると現行機で行くしかない。

 ところでこの『にすけん壱型(仮称)』は稼働開始直後の2011年5月8日【259】において、その仕様を公開している。
 まんまプリントアウトして、そこらのPCショップに行けば部品は難なく揃ったはずだが、いったい日本全国で何台組んでもらえたのだろう?思い思いのアレンジを施されながら今日も元気に稼働していることを願って止まない。
 しかしコイツ、かれこれ6年のつきあいになるのか。

 詳しい製品情報は避けておくが、私は稼働開始して程なく当時最新型のTVキャプチャーボードを組み込んだ。
 だがこれがとんでもない未完成品のフライング販売もいいところで、恐らくは『メモリー洩れ』という不具合現象を抱えていたのである。
 ディスプレイに画像出力するとメモリーに余計な屑データが蓄積していき、これによりいつの間にかタスク処理できなくなって、勝手に録画や再生を切り上げるわ、予約録画はばっくれるわ、録り置きファイルは無断消去するわのマルチモード時限爆弾であった。
 メーカーに何度問い合わせて指示通りの修正処置をしても直らず、というかいま思えばメーカーもこの時点でリカバリー不可能には気付いており、売っちまった先の根負けギブアップ狙いを早々に決めていたのではないかと思われる。アコギな話である。

 もっとも事情さえ解れば、Windows7の32ビットとしては目一杯のメモリー容量4GBで組んであるので、頃合いを見計らって再起動でメモリー清掃してやれば良いのだ。
 当時ネットのユーザーコメント欄では『ゴミ』だの『欠陥品』だの『金返せ』だの散々なことになっていたけれど、自分で良いと思って買った訳だし、ちょくちょく再起動を要求されるからって悪意で神経を逆撫でされるような実害もないし、こちらが合わせに行って折り合いがつくものなら、それで十分だろう。
 最先端の電子機器だって案外こんなもの、このペースを普通にして過ごす日常が私には楽しい。

 例によって、Cドラがヤバい問題と併せてそれなりの面倒見は要求されるが、よくやってくれていると思う。手前味噌で申し訳ないが、大成功の6年間を経て今なお成果は延伸中だ。

 ところで、鎬を削る熾烈な開発競争から生み出されるAIくんたちにも、似たような不完全性が潜んでいる可能性があるのではないだろうか。いや、何をどこまでやれば知的に完全・完成だという線引きは無いから、基本このパターンじゃないのか?
 もちろん遥かに高度で難解なコミュニケーションの行き違いとして問題が発現するだろう。
 何となく、大事件に始まる賑やかなドンパチ系の課題解決劇ではなく、人間くんとAIくんが地味に折衝しながら、負担の無い日常を探るような方向性が主流になりそうな気がしないでもないぞ。

 今ここにいるパソコンの凄くなったヤツが相手なら、お付き合いもこの延長線上ではないかと、ふと考えたのである。
 お願いだから、作業が捗り無事に完了できますように。
nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 14

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る