So-net無料ブログ作成

【418】想い出いっぱい、謹賀新年 [ビジネス]

 明けましておめでとうございます…と言いつつ、何とも正月感のない正月である。
 昔は駅前も人がたくさんいて、飲み屋もあっちこっち賑わっていたものだ。近所の神社に二年参りに行ったついでに、ちょびっと一杯だけひっかけるのが楽しみだった。
 いま駅前は閑散としており、参拝後に伸びた列の長さだけ確かめたら直帰するしかない。小さ目の、ちょっと寄って帰るような店の年跨ぎ営業が絶滅し、何より客になる人出の方がすっかすか。寂しいなあ。

 帰宅してテレビをつけたら、アベノミクスとやらで既に慢性デフレ状態ではないたら何たら、実におめでたい議論をする人々がいた。
 前にも書いたが、『経済成長』などという概念をまず捨てないとマトモな話が始まらないのだ。日本の主力産業というものが何だか判らなくなって久しい上に、そもそも社会の原資たる生産人口が減少に転じているのである。これで『経済』なる特性だけ成長する道理はなく、まずでっち上げをやったとして無理に苦しみ、次いで真実の反動に打ちのめされ、結局は二重の損害を出すだけだ。

 もう社会におけるカネというものの定義が変わっており、経済枠の基本概念を改めないといけない時期に来ていると思う。
 皆さんあまりにも、これまでの人生で自分の心に醸成したカネ経済の姿を信じ過ぎだ。

 カネの原始的な定義については、魚や野菜との交換を例に【246】で述べた。これに直接のサービス業と交換する分を加えて『物品・サービスおよび生産力と引き換えて流通する経済媒体』という古典的機能が成立する。現代社会においてもこの機能体は不可欠であり、よって今後もカネは普通に存続することになるだろう。
 だがその一方でグローバル金融資本主義が引き起こすカネの価値変動は激しさを増すばかりだ。世界の第一次・第二次産業が次々と人件費の安い新興国に移動していくため、物品の価格も想像を絶する勢いで変化する。更には技術革新や大衆心理の移り変わりもあり、社会構造と生産・消費行為それ自体から大きく変遷していくのである。

 過去とも現在とも違う社会で、違う暮らしを送り、違う幸せを追い求める。
 そこに手持ちのカネがどこまで効くのか。

 カネの価値が将来方向にまるで保証されない時代になっているのだ。
 もちろん、だからといって刹那的に散財したり、山野に籠って世捨て人として完全自給自足で暮らすのが良いという話ではない。特に社会保障については『経済が変動するのでできません』ではなく、意図的に社会構造と流通価値を固定させる知恵を頑張る方向でやらねばならない。非常に困難だが、今や幻の名言と化した『安心と安全の日本社会』の答を見つけ直すなら、まずはこの取組みだろう。

 その為には社会で時間を跨ぐカネの流通量を最小化すると共に、生産活動で発生するカネ流通は最大限消費の現場に直結させねばならない。グローバル経済の大部屋において、この専用空間を切り出してある意味『鎖国的に新設し、小型軽量に管理する』発想に考え及ぶ必要があると思う。

 ちょっと残り分量的にヤバいので、今回この概念について深入りするのは止めておこう。
 いま言いたいのは、人知で追いつけない速度と振幅の変動に揉まれているのを知りながら、実にのんびりと自分基準の古式ゆかしい世界観で、しかもその狭い了見ですら道理に適わないとすぐ解るような『経済成長』なんてものをお題にして、正月早々遊んでる場合じゃないってことだ。どんだけアタマ古いんだよ?

 手っ取り早くはいま消費税率を5%に戻すだけで、正月の駅前に賑わいが戻ってくる。
 元気な若い集団が楽しそうに繰り出して飲んでくれるから、みんな出てきてたくさん店が開き、その片隅で我々も軽く一杯がやれるのだ。そして、この全てがお望みの好景気である。
 何が『8%で上ブレ』だよ、希望的観測という名のインチキ試算を散々盛り込んだ結果、瞬間的には消費税率増分が税収増に効いたと見えなくもない…あたりの言い訳がましい屁理屈がありありと透けた表現だぞ。
 これで生産でも消費でもない税率二重併走の処理負担を仕事扱いにして発生させ、一部の欲深い老人の既得権益にするというのか。財源の目処も立たないまま強行の結論だけ宣言したのが『最善の結果』だった訳だが、これが人生の行く手にまた不安を積み上げられた悔しさにどう響いているのか、少し恐れを感じておいた方が良い。

 『子供たちや学生さんは、政治や経済に無頓着』と認識しているのが、日本のオトナの平均値だと思う。意識の高い子も少々いるだろうが、なあに当分は影響無いさって。
 お宅の馬鹿ガキ時代がどの程度だったか知らんけどさ、どんだけアタマ古いんだよ?
nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 7

コメント 2

(。・_・。)2k

あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願い致します(^^)

by (。・_・。)2k (2016-01-04 02:26) 

にすけん

 (。・_・。)2k さま
 どうも御丁寧に、ありがとうございます。

 明けましておめでとうございます。
 こちらこそ、どうぞよろしくお願い申し上げます。

by にすけん (2016-01-06 22:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る