So-net無料ブログ作成
検索選択

【355】酔いどれ国民学校 [ビジネス]

 明けましておめでとうございます。結局、年明けになっちゃいました。
 今年も例によって柔らかめの話題から。

 ちょっと正月らしい話をすると、私には宮家の知り合いがいた。『いた』と過去形になっているのは、残念ながらもう御逝去されたためだ。
 いわゆる側室、つまり俗な表現をすれば公式の妾にあたる家系の人であり、終戦時の『皇室解体』による皇籍離脱を経て、その後を一般社会人として暮らした方である。私よりかなりお歳を召されていたが、気の合う飲み友達として大変懇意にしていただいた。

 毎年、桜の咲く季節になると二人して飯田橋の神楽坂下で待ち合わせて靖國神社に出かけ、千鳥ヶ淵も雑踏は嫌いだが一応は一巡する。一緒に遊就館や九段坂下の昭和館で話し込んだあと昼間っから靖國神社の屋台で飲み始め、いろんな話を聞きながら早稲田通りでも飲んで、神楽坂まで戻ってきて開店直後の某老舗居酒屋で白鷹の熱燗、これが恒例のパターンであった。
 困ったことにこの時点でまだ夕方だから、東京の下町に場を移しまだまだその後が続く。

 JR飯田橋駅から神楽坂下に出ると、外堀にかかる橋を挟んで大きな牛込門の門塁が残っているが、これが二手に分かれてモノを投げ合う戦争ごっこの舞台として最適だったそうな。その筋向いとなる日本歯科大 東京短大のあたりには皇室用の馬たちがつながれており、つい最近『飯田橋グランプルーム』として再開発された一帯は確か武家屋敷だったと聞いた。
 外堀沿いの散策道を南下し、東京逓信病院の手前で御堀に背を向け坂を上がっていくと、左手に元・朝鮮総連ビルが見えてくる。この一帯は宮家の居住区だったそうで、意外にも、かなり新しく見える青い瓦の白塀だけが、ずっと昔から変わっていないのだという。
 坂を上がり切ると遊就館の真裏に突き当たり、靖國神社の塀に沿って歩くと石造りの大灯篭を据えた参道の空間に出る。この大灯篭の側面には日清戦争や満州事変など、過去の国防の景色を描いた立派なレリーフが埋め込まれているのを御存知だろうか。終戦時これらが奪われて処分されることのないよう、モルタルで塗り固めて隠した痕が今も確認できるのだ。
 なお売店や観光バス停車場のすぐ傍、靖国通りに出る面の金属製の鳥居は戦時中の物資供出でいったん失われ、現存するのは戦後製のものだという。

 横須賀の戦艦『三笠』、皇居に鎌倉に江の島、都内のスーパー銭湯もあれば時には千葉県の鴨川という時もあったが、何故かお互いがホスト役とゲスト役を持ち廻り、その日一日は相手に財布を開けさせないルールで最悪は昼前から飲み倒したものだ。いま改めて呑兵衛のロクデナシ度合に唖然とするばかりだが、私にとっては何をさておいても目いっぱい経験しておきたい最優先のイベントであった。
 やっている事の善悪はともかく貴重な国民研修だったのは間違いない。ちょうど私の親や小学校の先生と近い世代のお方ゆえ、しょっちゅうその時代の情報を押し込まれて育った私と話がよく合ったのだと思う。

 母方の祖父が陸軍中尉だった話をしたら、『あ、それ凄い。士官階級は、士族しかなれなかったんだよ』と教わった。前にも書いた通り祖父の家系は広島で、二十世紀の始まる頃ハワイに渡った歴史を持つ。顔も知らないけれど、私の大叔父・大叔母にあたる何人かはハワイに暮らしハワイに骨を埋めた。
 一方の祖母は浅野内匠頭の血を引いていると薄らぼんやり聞いていたが、まんざらただのハズレでもなさそうだ。少なくともこっちがそれなりに士族だとすると、当時の事だから祖父側も、まずまずそれっぽい血統だった可能性が高い。

 因みに父方の家系は岡山の山奥、農村まるごと全世帯が同じ苗字というパターンである。小学生の夏休みに一度だけ、白川郷のような藁葺き屋根の古民家に連れて行ってもらった記憶がある。
 この時点で祖父と同世代だった家主は鉄砲を持っており、土間に撃って来た猪の頭が置かれていた景色を今も忘れられない。専業か兼業か確かめる術もないが、マタギというやつなのだろうか。縁側の下には蟻地獄がたくさんいて、初めてその生態を目の当たりにして驚いたものだ。
 血統的に凄いかどうかはともかく、父も私も機械屋のクセに自然が大好きな理由はこのあたりにあるのかも知れない。

 おのれの過去を振り返り、やはり時間軸上における大東亜戦争と自分の距離の近さを思い知る。
 年跨ぎの番組で、またしても戦争を『人殺し』と蔑む声が聞こえた。愚か者、その幼稚な頭の中で邪悪な戦争ごっこに勤しむ兵士を振り返らせてみろ。その立場は『命懸けで人を守る』ためにあるのだ。
 天皇陛下のもと総力を結集させ守られた結果が70年を経て、現代の日本国として存在する。その事実の果てしない有難味を再考し、日本社会がくだらない妄想にこだわる邪心を入れ換える2015年であって欲しい。
nice!(10)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 10

コメント 4

ぼんぼちぼちぼち

あけましておめでとうございやす。
非常に貴重な・・・・という言葉を使ってしまうと失礼かも知れやせんが
多くの一般人が知り合えないかたと親しくされてたのでやすね。
by ぼんぼちぼちぼち (2015-01-03 17:44) 

にすけん

 ぼんぼちぼちぼち様、明けましておめでとうございます。

 ええまあ何というか、自分でも不思議ですが、おっしゃる通り貴重なお付き合いでして、人間関係に恵まれた楽しい人生を有難うございますと神さまに感謝です。
 しかしバカなことやってますよね(笑)二人とも泥酔してクダを巻くタイプでないだけに、これで相手が普通の人だったら、ただのタチの悪い梯子酒でしかありません。全く酒飲みってやつぁ…

 またのお越しをお待ち申し上げます。
 どうも有り難うございました。
by にすけん (2015-01-03 21:01) 

mwainfo

明けましておめでとうございます。
「日本社会がくだらない妄想」、同感です。


by mwainfo (2015-01-06 16:31) 

にすけん

 mwainfoさま、明けましておめでとうございます。

 いま我々の目に映る皇室の皆さまの佇まいは、いつも平和で清々しくまさに日本国の象徴として相応しい。
 いっぽう実務の領域に関わる者どもはナニをやっとるんだと思う訳です。皇室が象徴するあの姿を、日本国組織の作動に反映できているのかと。

 私欲の妄想に囚われそこを誠実に考えられないのなら
 さっさと日本人やめちまえと言いたいですね。

 今年もよろしくお願い申し上げます。
 どうもありがとうございました。
by にすけん (2015-01-13 22:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る